読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迷走の果てに目指すものはハーフマラソン

ゆるーく行きます。 東日本大震災の3年後に還暦を迎えた酒呑が今後起きるであろう幾多の困難を乗り越えてハーフマラソン完走を目指すブログ(このブログが完結する保証はありません)

箱根行ってきました

 

1週間後に郡山シティーマラソン...そんなの関係ねぇ~!!!
ぅぅんん~

 

23・24日と1泊で箱根行ってきました。
目的地は箱根外輪山の金時山から乙女峠へのトレッキング & ロープウェーを利用した駒ケ岳へ登山です。

 

残念ながら大涌谷の火山活動により駒ケ岳~冠ヶ岳~大涌谷のルートは閉鎖になっており今回は駒ケ岳のみになってしまいました。


そうそう、もうひとつ大事な目的が....

連れのたっての願いが金時山から富士山+etcの山々+駿河湾相模湾を見ること。

 

出発前...当日23日の朝です、いつもお世話になっている気象協会(tenki.jp)の一時間予報では2日間とも晴天... (〃 ̄∇)」やっ ほ~♪←yahooではありません。


ここを良く覚えておいてください...天気予報に期待しすぎると落胆の憂き目にあいます。

 

朝5時半に福島の自宅を出て東北道圏央道、東名、小田原厚木道路を通って駅伝コースを箱根へ4時間半のドライブ、目指すは金時神社です。

金時神社はご存じの通り、金太郎が熊と相撲を取った山で金時山の登山口になっています。

今ではauの金ちゃんが有名???

 

ちなみに金太郎が相撲を取ったのは足柄山ですが足柄山は金時山から足柄峠に至る山塊の呼称ですね。

 

10時には金時神社前に到着、途中のコンビニでお昼ご飯を食べて...お昼には早いのですが...朝ごはんは食べたので順番から行くとお昼ご飯...そういう問題じゃないって?

とにかくお腹がすいたのでおにぎり二個食べてと、登る準備は万端です。

 

まずは、金時神社へ登山の無事を祈って50円×2枚.....2人分でケチってるかな~

 

さて置いて、ほぼ直登ルートの標高差600mに出発です。


登りは景色がいい乙女峠からのルートと思っていたのですが連れが『下り緩やかがいい』との一言で金時神社からの直登ルートに決定!!

 

結果からすると乙女峠からの登りのほうが険しかったかも知れません。

金時神社の写真。(通常は無人ご朱印はもらえないのかな?)

f:id:mc210975complete:20170426192733j:plain

 

さて、登攀開始ですが、登り始めてびっくりなお爺ちゃんに会いました。


男体山でも登山回数1,000回オーバーがいましたが、なんと御歳米寿の88歳で2751?、2571?回目(どちらだったか忘れました) 登った方とお会いして、そのお元気さにびっくです。


危うく連れはその方のスピードに負けそうになりました。

おそらくその方は天気のいい時の日課になってるんでしょうね。

 

山頂は2軒の山小屋があり、こんな感じです。

f:id:mc210975complete:20170426192929j:plain

写真御殿場方面が写っています。

小屋でキノコ汁を頂き、下山です。

富士山は残念ながら見えませんでしたが、眼下に芦ノ湖、その先に、伊豆半島駿河湾、かすかに南アルプスも望めました。

約1名が富士山が見えず、ガックリしていたが...

なんせ、その1名は、東名高速からマダラに雲がかかった富士で、忍野八海からは富士山の裾(2合目辺りまでか)しか見えず、今回は5合目までしか見えずの3連敗中!!!


本人いわく富士山に嫌われてる~~~~ぅ

見えないなら富士山登っちゃうか~~~と慰めておきました。

朝の天気予報からの落胆が大きいです。

 

下山は御殿場方面を眺めながら乙女峠側へ降りてきました。
アップダウンを3度ほど繰り返しての下山路で下りに使用して連れには正解だったかな??

f:id:mc210975complete:20170426193228j:plain

で1日目は箱根神社と関所後を見学しながら本日のお宿へ。

お泊まりは箱根周辺はお高いので湯河原です。

 

2日目へ続く.....